×

節目の試合で勝ち切れず…仙台無敗で3位転落 

[ 2011年6月12日 06:00 ]

<神戸・仙台>前半、神戸・茂木(左)競り合う仙台・関口

J1第14節 仙台1―1神戸

(6月11日 ホームズ)
 仙台は後半44分に追いつかれて2戦連続引き分け。開幕からの不敗は歴代4位の9試合に伸びたが、前節2位から3位に転落した。

 「大震災から3カ月。全力を出し切ろう」という手倉森監督の言葉に応え、前半21分にFW赤嶺が2戦連続ゴールを決めた。だが、後半の好機で追加点を奪えなかった。リーグ再開後の4引き分けは、全て前半に先制しながら後半に追いつかれたもの。日本代表MF関口は「上を目指すためには勝ちきらないと」と課題を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2011年6月12日のニュース