名古屋のリカルジーニョ CSKAへ移籍

[ 2011年6月12日 06:00 ]

 フットサルFリーグの名古屋に所属するポルトガル代表のリカルジーニョ(25)が、7月30日に開幕する今季のリーグ戦に出場しないことが11日、分かった。東日本大震災に伴う原発事故の影響を憂慮したため。

 名古屋は契約期間を2013~14年まで1シーズン延長し、リカルジーニョはCSKAモスクワ(ロシア)に期限付き移籍する。リカルジーニョは来日1年目の昨季、31得点でチームのリーグ4連覇に貢献し、最優秀選手賞(MVP)を受賞した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年6月12日のニュース