大宮 2点差守れず…本拠ダービー初勝利お預け

[ 2011年6月12日 06:00 ]

<大宮・浦和>後半、2点目のゴールを決めた大宮・深谷(左)はチームメートと喜び合う。右奥は東

J1第14節 大宮2―2浦和

(6月11日 NACK)
 大宮は2点のリードを守り切れず、ホーム開催のさいたまダービー初勝利を逃した。前半37分、ラファエルが渡部のクロスを頭で合わせて3試合連続のゴールを決めると、後半8分には深谷がヘディングで追加点。だが、その後2失点を喫し、今季ホーム初勝利はお預けとなった。

 鈴木監督は「2点目を取って安心したのか…。集中力を高めればよかったが、そこを突かれた」と悔やんだ。U―22日本代表の東は「ゴールを決められなかったのは悔しい」と唇をかんだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2011年6月12日のニュース