滑って直接ゴール!大前30メートルFK弾

[ 2011年6月12日 06:00 ]

<G大阪・清水>後半5分、勝ち越しゴールを決めてイレブンと抱き合って喜ぶ大前(中央)

J1第14節 清水2―2G大阪

(6月11日 万博)
 清水のFW大前が直接FKで今季3点目を決めた。後半5分、右サイド約30メートルのFK。「合わせようと思ったが、少し滑って無回転になった」というボールはゴール左隅へ吸い込まれた。

 今季のゴールはFK、PK、FKと全てセットプレーによるもの。「後半にあったチャンスを決められれば。流れの中で得点したい」。ロンドン五輪世代の21歳が得点を積み重ねてアピールを続ける。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年6月12日のニュース