川崎F2度のリード守れず…負傷の憲剛「痛い」

[ 2011年6月12日 06:00 ]

<川崎F・甲府>前半、センタリングを上げる川崎F・中村憲(左)

J1第14節 川崎F2―2甲府

(6月11日 等々力)
 川崎Fは2度リードを奪ったが、追いつかれてドローに終わった。1―1の後半4分にFKからMF山瀬が頭で合わせて勝ち越したが、同9分にハーフナーに押し込まれて同点。前半の接触プレーで右すねを痛めた大黒柱のMF中村が後半から退いたのが響き、ガチガチに固めた相手の守備を崩しきれなかった。

 試合後、大事を取って松葉づえで現れた中村は「痛い」と一言だけ漏らして帰路に就いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年6月12日のニュース