GK安藤 攻撃鼓舞のビッグスローで存在感

[ 2011年6月12日 06:00 ]

<川崎F・甲府>前半、甲府・阿部(手前)のシュートを止める川崎F・安藤

J1第14節 川崎F2―2甲府

(6月11日 等々力)
 川崎FのU―22日本代表GKの安藤が自慢の強肩で攻撃を鼓舞した。後半31分、キャッチングから素早く投げたボールはハーフウエーラインを越えてFWジュニーニョの元へ届いた。だが、惜しくもオフサイド。

 「通ったらいいんじゃないかと思って投げたけど…」。ジュニーニョからは「遅い」とダメ出しされたものの、ビッグスローで存在感をアピールした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年6月12日のニュース