元気もらった川島「高いレベルでやりたい」

[ 2011年6月12日 06:00 ]

 リールセの日本代表GK川島永嗣が11日、神戸市内で行われた障害を持った子供たちと触れ合うイベントに参加。フットサルで汗を流し「元気をもらいました」と笑みを見せた。

 ウェストブロミッジが年俸1億円を提示しており移籍は決定的な状況だが「試合に出られることもそうだけど、高いレベルでやりたい」と話した。14日には慈善試合出場のためベトナムへ出発する。「(欧州へ)戻る前に(移籍先が)決まればいい」と早めの移籍決定を望んでいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年6月12日のニュース