鹿島 ドタバタ運営必至…ピッチ外でも震災余波

[ 2011年4月22日 06:00 ]

 鹿島が23日の横浜戦でドタバタ運営を強いられることになった。東日本大震災で被害を受けたカシマスタジアムが復旧工事中で使用できないため国立競技場開催となるが、会場では22日午後7時から23日午前7時までナイトリレーマラソンが行われており、試合の準備を開始できるのは試合当日の午前8時以降となる。

 不慣れな会場なだけに、関係者は「準備はかなりドタバタになる」と説明。チームは震災直後に一時解散を強いられるなど厳しい状況に立たされたが、ピッチ外でも震災の余波を受ける形だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年4月22日のニュース