代表へもアピール!栗原“ザック流”で完封だ

[ 2011年4月22日 06:00 ]

23日の鹿島戦に向けトレーニングする小野(手前)と栗原

 横浜の日本代表DF栗原が“ザック流”の守備で鹿島を封じる。チームは中断期間中に普段の4バックに加え攻撃的なオプションとして3バックをテスト。23日の鹿島戦では拮抗(きっこう)した展開が予想され、終盤で3バックを使う可能性が高い。

 ザックジャパンも攻撃的なオプションで3バックをテスト中。「攻撃のときはやり方が代表に近い」と栗原は話す。ザックジャパン期待のセンターバックが、まずは横浜のゴールにカギをかけ代表へのアピールにもつなげるつもりだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年4月22日のニュース