純金などで新調も…優勝杯落下でバスの下敷きに

[ 2011年4月22日 06:00 ]

<Rマドリード・バルセロナ>マドリードへの移動中に優勝杯を破損させたセルヒオ・ラモス(左)

スペイン国王杯決勝 レアル・マドリード1―0バルセロナ

(4月20日)
 レアルのイレブンが優勝杯を破損させた。試合後にマドリードに戻ったチームは、21日未明に2階建てのオープンバスで市内のシベレス広場へ移動。前部座席で重さ15キロの優勝杯を掲げていたDFセルヒオ・ラモスがバランスを崩して道路に落とし、乗っていたバスの右前輪の下敷きになった。

 ラモスはツイッターで「ファンが待ち受ける広場に彼女(優勝杯)が飛び出した」と弁明したが、今季から純金や純銀などで新調された逸品だけに優勝賞金で弁償!?

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年4月22日のニュース