やっと出番が回ってきた家長「すべてが新鮮」も今度は…

[ 2011年2月6日 16:41 ]

オサスナ戦の後半、移籍後初出場し攻め込むマジョルカの家長(右)
Photo By スポニチ

 マジョルカの家長は後半途中からのプレーについて「あまり緊張もしなかったし、普段通り入れた。すべてが新鮮で学ぶことの多いデビュー戦だった」と語った。昨年末にスペインで入団記者会見をしてから、やっと出番が回ってきた。

 積極的に攻撃に絡んだが、得点には至らなかった。今後に向けては「主導権を握っている時間帯に出たいし、そうできるよう向上していきたい」と活躍を期した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月6日のニュース