宮市、堂々の欧州デビュー!今後に膨らむ大きな期待

[ 2011年2月6日 23:47 ]

オランダ1部リーグ フェイエノールト1―1フィテッセ

(2月6日)
 18歳の宮市が堂々と欧州のトップリーグにデビューした。ゴールこそ奪えなかったが、初戦から切れのいいプレーを見せ「デビューできて、すごくうれしい。多くの観客の前でプレーできて興奮した」と声を弾ませた。

 前半4分にクロスを頭で合わせてシュート。惜しくも枠は外れたが、その後も得意のドリブル突破を図り、ゴールを狙い続けた。「スピードのあるドリブルとかが通用したのでよかった」と手応えを口にした。後半立ち上がりにも味方のパスから惜しいシーンがあった。

 アーセナルの名将、ベンゲル監督に才能を認められ、欧州への扉を開いた。その一歩目を順調に踏み出し、今後への期待が大きく膨らんだ。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月6日のニュース