デビュー戦に強い長友 関係者は「少し緊張していた」

[ 2011年2月6日 07:16 ]

 インテル・ミラノに入団した日本代表DF長友佑都(24)はデビュー戦に強い。

 U―22日本代表のデビュー戦マレーシア戦ではいきなり初得点、A代表では強豪コートジボワールを完封。チェゼーナでの今季開幕戦もローマが相手だったが、昨季2位の強豪と0―0で引き分ける番狂わせを演じた。

 4日に電話連絡を受けた国内の関係者は「少し緊張していた」と明かす。重圧はある。だが心配はない。ピッチに立てば必ず“デビュー戦男”の本領を発揮する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月6日のニュース