U―22遠征先到着 小野は長旅で“真っ青”

[ 2011年2月6日 06:00 ]

現地入りする(左から)宇佐美、永井、小野ら日本代表イレブン

 12年ロンドン五輪を目指すU―22日本代表が5日、遠征先のバーレーンに到着した。

 エコノミークラス席で香港、サウジアラビア経由の約17時間の長旅に、飛行機を降りた選手は疲れ切った表情。中でも顔色が悪かったのがチーム最年少の小野(横浜)で、機内でおう吐を繰り返してダウンし「(機内では)何も食べられませんでした」。同日午後の初練習はホテルのジムで別調整した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月6日のニュース