平山5発!長友インテル入団で意識変わった

[ 2011年2月6日 06:00 ]

<FC東京・高崎>3本目、自身4点目となるゴールを決めたFC東京・平山はサムアップして喜ぶ

 これぞ長友効果だ!J2FC東京は5日、今季初実戦でJFLアルテ高崎と対戦(35分×4本)し、12―0と圧勝した。主役は90分間の出場で5得点と怒とうのゴールラッシュをみせたFW平山相太(25)だ。得意のヘッドを皮切りに右足、左足で得点し“サイクル・ゴール”をマークした。

 昨夏まで同僚だったDF長友のインテル移籍が猛烈に刺激になっている。「FC東京からそういう選手が出た。チーム内には今、意識の問題で道は必ず開けてくるって言う雰囲気があるっす」。オフの間もトレーニングを続け、体脂肪率は10%以下をキープしてきた。再び海外移籍も視野に入れているという怪物が目を覚まそうとしている。

 「1タッチのゴールが多かった。相手(のレベル)に関係なく良かったと思う。引いた相手でも1タッチならプレスがかかりにくいんで」。ほとんどのチームが格下となるJ2では相手DFラインの“どん引き”が予想される。海の向こうから刺激を受けた平山が新シーズンに向け、新境地を見せ始めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月6日のニュース