ロッベン故障の“補償”でBミュンヘンvsオランダ代表

[ 2011年2月2日 22:50 ]

 サッカーのオランダ代表のロッベンが所属するドイツ1部リーグ、バイエルン・ミュンヘンは2日、来年5月に本拠地でオランダ代表と親善試合を行うことで同国協会と合意したと発表した。昨年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会でロッベンが太もも故障を悪化させ、今季前半戦を欠場した補償という。

 昨季のドイツ1部リーグ王者で、欧州チャンピオンズリーグで準優勝したBミュンヘンのルンメニゲ会長は「公平で満足のいく解決策にたどり着けたことは良かった」と語った。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年2月2日のニュース