トーレス移籍にファン過激反応!初戦が注目の古巣戦

[ 2011年2月2日 06:00 ]

F・トーレスのチェルシー移籍に、一部のリバプールファンは同選手のユニホームを燃やすなど過激に反応

 欧州の移籍期間最終日となった31日、リバプールのFWフェルナンド・トーレス(26)がチェルシーに移籍した。移籍金は英史上最高の5000万ポンド(約66億円)で年俸806万ポンド(約11億円)の5年半契約と報じられた。

 同選手は移籍先の公式サイトで「欧州CLで優勝するのが夢。チェルシーで達成できると確信している」と喜びを語ったが、移籍志願でエースに裏切られたリバプールの一部ファンはクラブの練習場周辺で同選手のユニホームを燃やすなど過激に反応。移籍初戦は6日のリバプール戦で、ファンの反応を含めて注目される。

 駆け込み移籍が相次いだ中、リバプールはトーレス放出に先駆けてニューカッスルのFWアンディ・キャロル(22)を移籍金3500万ポンド(約46億円)の5年半契約で獲得。アジア杯得点王の韓国代表MF具滋哲(クジャチョル)(21)は済州(韓国)からボルフスブルクに移籍した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年2月2日のニュース