Jキャンプ、噴火の影響で中止や変更相次ぐ 

[ 2011年2月2日 20:37 ]

 J2の横浜FCは2日、霧島山・新燃岳の噴火の影響で、宮崎県日南市で11~20日に予定していたキャンプの中止を発表した。J2のFC東京も7日から16日まで宮崎県都城市で行う予定だったキャンプを宮崎市と鹿児島市に変更することを決めた。

 J1川崎Fが宮崎県綾町で行っていたキャンプを打ち切ったのをはじめ、Jリーグの各クラブのキャンプに影響が続いている。既にJ1横浜はキャンプ地を宮崎市から静岡市に変更。J1福岡も宮崎市でのキャンプの中止を決定した。J2の東京Vもキャンプ地を宮崎市から静岡県御殿場市などに変更した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年2月2日のニュース