岡崎 長友移籍に闘志「燃えるものはある」

[ 2011年2月2日 06:00 ]

シュツットガルト入団会見を終え帰国した岡崎

 ドイツ1部シュツットガルトに移籍した日本代表FW岡崎慎司が1日、成田着の航空機で帰国した。アジア王者になったカタールからドイツに渡り、入団発表を終えての帰国。自分のためだけに待ち受けた約30人の報道陣に「ドイツではもっと仕掛けて、自分で打開できるようになりたい」と決意をにじませた。

 日本代表DF長友の名門インテル移籍には「ちょっと置いていかれたってのはあるけど、燃えるものはある」とも。「まずは残留を目標にゴールを取れれば」と降格危機にあるチームの救世主になることを誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年2月2日のニュース