×

今週の丸山元気!

サンデイビス 洋芝の長距離は合う

[ 2022年6月10日 14:26 ]

◎丸山元気騎手のコメント

今週は土日合わせて9鞍に騎乗します。

アメトリンルナ(土曜1R)はいいスピードがあって状態も良さそうですよ。内めの枠が当たりましたし、展開次第ではもっとやれると思います。

スターオブフェイス(土曜3R)の前走は輸送で体が減っていましたからね。滞在で体が戻っていれば、もっとやれると思います。

サンデイビス(土曜9R)は長く脚を使えるので、洋芝の長距離は合いそうですね。持ち味を生かしてどこまでやれるか。

テンウォークライ(日曜10R)は状態は悪くないので、スムーズな競馬ができれば、もっとやれてもいいと思います。相手次第ですね。

今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
1Rアメトリンルナ ☆☆
 前走は競り合う形になり8着と失速したが、先行力は見所十分。開幕週の馬場は歓迎で、マイペースで運べれば粘り込みがあっても。前走はチグハグな競馬だったデルマカミーラ、芝では安定感があるディージェーサン、距離短縮は好材料のバーニーフォールズが上位候補か。


3Rスターオブフェイス ☆☆
 前走は案外だったが、過去に2着など未勝利でも通用する力は秘めている。ハイペースで末脚の生きる展開なら食い込みも。ブリンカー着用でもう一押しを狙うトキメキナイト、先行力があるカルーナブルガリス、使いつつ動きが良くなってきたレッドブレンナーが上位候補か。

8Rベルマーレミノル ☆
 近走が大敗続きで成績が上がってこない。初のダート1000メートルでどこまで変わるかだが…。前走は大事に乗り過ぎたカルネアサーダ、前向きな気性で距離短縮は歓迎のチェイスザドリーム、いい勝負根性があるスンヌンタイが上位候補か。

9Rサンデイビス ☆☆☆
 前走は早めに動き一旦先頭と見せ場十分の2着。長距離向きのスタミナと長くいい脚を使える強みがあり、今回も上位争い可能。初の古馬相手でも能力は通用するブラックボイス、前走タイム差なしの2着だったシェルビーズアイ、勝って同条件のタイミングハートが強敵か。

10Rイルヴェントデーア ☆
 過去に現級でも好走歴はあるが、近走がワンパンチ足りない内容。51キロの軽ハンデを生かして少しでも前進があればいいが…。芝の中距離は合うアラモードバイオ、充実著しいカフジアスール、立て直して好仕上がりのアオイゴールドが上位候補か。

11Rエーアイダンサー ☆☆
 前走は2度目の直線競馬だったが、上々のスピードを見せ3着と健闘。芝1200メートルの方が追走は楽で、開幕週の馬場を味方に粘り込みがあっても不思議ではない。重賞3着の実績が光るオタルエバー、1200メートルは合うリトス、末脚堅実なモンファボリが上位候補か。

日曜日
3Rノットクラッシュ ☆
 ここまで4戦して全て二桁着順。滞在効果と鞍上の腕で、どこまで前進できるか…。近走安定しているエバニスタ、叩いて動きが良くなったオクシデンタル、立て直して好仕上がりのキリシマタウンが上位候補か。

8Rアヴァノス ☆☆
 前走は出遅れたうえに外々を回るロスもあり7着。過去に現級でも好走歴があり、立ち回りひとつで上位食い込みがあっても。1200メートルは合うラピカズマ、小回りは合うグランアプロウソ、距離短縮でもう一押しを狙うメイケイバートンが強敵か。

10Rテンウォークライ ☆☆
 前走はカラ馬の影響を受けたが、渋太く脚を使い5着。やや低調なメンバー構成でもあり、クラス2戦目でスムーズなら上位食い込みも。函館実績があるオセアダイナスティ、好仕上がりのバルサミックムーン、小回り巧者のタイセイシェダルが上位候補か。

<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとなるべく、日々勉強中。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る