【別府競輪 岡崎兼治コラム「打鐘日記」】山根慶 S級特昇へ“あと2”(5R)

[ 2024年5月24日 05:30 ]

 【5R】兄・将太(119期=S級1班)を追って123期デビューした山根慶太が本格化しつつある。京王閣→玉野を完全Vで連覇。S級特昇がかかる今シリーズの予選は捲りで快勝。特昇まであと2勝と迫った。「誘導を下ろさないといけなかった。丹波さんに迷惑をかけました」。レース後は反省しきりだったが、力強さは見てとれる。今日の準決。外枠だけに後方からの攻めとなりそうだが、タテに踏む脚力はキラリ光る。番手は栗田。力勝負を挑む房州と島村。(7)―(1)(2)(3)―(1)(2)(3)(4)。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月24日のニュース