【日本ダービー】(7)ミスタージーティー 内めでいい枠、陣営「2400メートルでも問題ない」

[ 2024年5月24日 05:18 ]

ミスタージーティー 
Photo By 提供写真

 ダービー2頭使いの矢作厩舎。若葉S勝ちミスタージーティーはラッキーセブン7番を引き当てた。荒木助手は歓迎する。「真ん中より少し内めで、いい枠だと思います」と話す。

 東京遠征は2度目。距離は前走皐月賞10着から2F延びる。「距離は2400メートルでも問題ないので」と適性を見込んでいる。木曜は運動のみで気配の良さを伝えた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月24日のニュース