【日本ダービー】(11)シュガークン どんな競馬でも、清水久師「二の脚も速いから枠はどこでも」

[ 2024年5月24日 05:18 ]

厩舎周りで運動するシュガークン
Photo By 提供写真

 青葉賞を制したシュガークンは11番枠に決定。清水久師は「ゲートの悪い馬じゃないし、二の脚も速いから枠はどこでも良かった」と気にしていない。

 指揮官にとっては15年14着、17年18着に続くダービー挑戦。「なかなか参加できるわけじゃないからね。どんな競馬でもできるし楽しみです」とダービー6勝のレジェンド武豊に託した。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月24日のニュース