中央競馬3労組ストライキ突入に中竹和也日本調教師会会長「25日の全レースに管理馬を出走させる予定」

[ 2024年5月24日 18:07 ]

 JRAの厩務員、調教助手らが組織する4つの労働組合のうち3労組と日本調教師会の春闘交渉は24日も妥結に至らず、事前通告通りダービー前日の25日午前0時から24時間のストライキに突入することになった。

 これを受けて中竹和也日本調教師会会長(59)は「労働組合側の春闘要求に関しては、本会としましては誠意をもって交渉し、精いっぱいの努力をしてまいりましたが、残念ながらストライキに至る事態となり、競馬を楽しみにされているファンの皆さまに対して、ご心配をおかけしております。本会といたしましては、JRAおよび関係団体の協力も得ながら、25日の全レースにつきましては、管理馬を出走させる予定です。今後も魅力ある競馬をファンの皆さまに提供するため、全力で強い馬づくりにまい進して参りますので、今後とも中央競馬の応援をよろしくお願いします」とコメントした。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月24日のニュース