【根岸S1週前追い】アルクトス体質強化で順調 栗田師「負荷が掛かった」

[ 2021年1月22日 05:30 ]

3頭併せで追い切るアルクトス(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 【東西ドキュメント・美浦=21日】馬場に入る馬も少なくなった午前10時前。来週の根岸Sに出走予定のアルクトスがWコースに入った。3頭併せで先行2頭の間に入ろうと試みたが、なかなか追いつけない。結局1馬身近く遅れて1週前追いを終えた。動きを確認した浜田は引き揚げる馬を追って栗田厩舎へ。師は「やっぱり動かないね」と苦笑いも、元々ウッドチップは苦手。「前の馬も飛ばしていたし、時計(5F66秒0)的には負荷が掛かった」と納得の表情だ。

 以前は体質が弱くレース後の回復に時間がかかった。師は「ピンポイントで使うレースに照準を合わせるしかなかった」と振り返る。今は体質も強化された。「その次のレースに向け、ローテーションの組み立てを考えることができるようになった。今回は根岸からフェブラリーSへ。もちろん本番で100%になるよう調整を進めている」と師は話す。昨秋の交流G1南部杯でレコードV。ダート戦線では劣勢の関東勢だけに、強豪関西勢に何とか一矢報いたいところだ。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年1月22日のニュース