【中山新馬戦】コヨキチセブン、相沢師が太鼓判「しっかり乗り込んできた」

[ 2021年1月22日 05:30 ]

 中山土曜6R新馬戦(ダート1800メートル)のコヨキチセブン(牡=相沢、父ディープブリランテ)はその素質に相沢師が太鼓判を押す。

 調教パートナーだったオーケーナイトが先週の新馬戦で3着好走。「あの馬より走る。性格も素直。そう考えれば、いい勝負になると思う」と期待する。20日の最終追いはWコースでいっぱいに追われて5F68秒0。「しっかり乗り込んできた」と態勢は整っている。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月22日のニュース