【中山新馬戦】カレンレベンティス好走期待 国枝師「スタミナがあるし長めから使ってみる」

[ 2021年1月22日 05:30 ]

 中山日曜6R新馬戦でデビューするカレンレベンティス(牡=国枝、父エピファネイア)は、08年ジャパンC覇者スクリーンヒーローのおいにあたる良血馬。20日の最終追いでは併せたショウナンカホウ(3歳未勝利)に遅れたが、Wコースで5F64秒5~1F13秒7なら水準以上か。

 国枝師は「ある程度乗り込んできた。スタミナがあるし長めの距離から使ってみる」と好走を期待した。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月22日のニュース