昨年の春秋グランプリ覇者クロノジェネシス ドバイG1シーマクラシックとターフに登録

[ 2021年1月22日 12:33 ]

 昨年、宝塚記念と有馬記念を制したクロノジェネシス(牝5=斉藤崇、父バゴ)は陣営がドバイシーマクラシック(3月27日、メイダン、芝2410メートル)とドバイターフ(3月27日、メイダン、芝1800メートル)への登録を済ませた。所有するサンデーレーシングが発表。出否は未定としている。

 有馬記念後は栗東トレセン近郊のノーザンファームしがらきで調整している。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年1月22日のニュース