【天皇賞・秋】ミスターX 好条件そろった!ブラストワンピース復活に期待

[ 2020年11月1日 05:30 ]

 天皇賞・秋(東京11R)は豪華なG1馬が集結した。グランプリホースのブラストワンピースの復活に期待したい。今年初戦のAJCCは道悪&故障馬の影響を受けながらも力強く伸び、G1馬の底力を見せつけた。その後のG1・2走は掲示板外だが、馬場や展開が向かなかったのが敗因だ。今回は重馬場になる心配もなく、普通に走れば大崩れはないだろう。

 枠も味方につけた。1枠1番でのレースでは毎日杯、新潟記念、札幌記念の3戦3勝と好相性だ。さらに有馬記念Vなど5勝の池添と再コンビは心強い。2週連続で池添が追い切りに騎乗し、最終追い後に池添は「先週やった分良くなっていて、自分からハミを取ってしっかり反応してくれた」と好感触を口にしていた。舞台の東京2000メートルは意外にも初だが大竹師は「広い東京2000メートルは合うと思う」と前向き。好条件が揃ったここなら好勝負の可能性も。(1)から(3)(4)(6)(7)(9)。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年11月1日のニュース