【天皇賞・秋】11月1日開催は84年以降5度、結果は“両極端”

[ 2020年11月1日 05:30 ]

 天皇賞・秋が芝2000メートルに短縮された84年以降、11月1日に施行されたのは計5回。結果は両極端になっている。

 87年ニッポーテイオー、15年ラブリーデイは人気に応えてV。逆に92年は1番人気トウカイテイオーが7着。11番人気レッツゴーターキンがビックリ仰天の大外一気でG1初制覇。98年は断然人気サイレンススズカが競走中止し、屈腱炎を克服したオフサイドトラップがG1初制覇。09年は人気ウオッカが3着止まりで、8歳馬カンパニーがG1初制覇を飾った。女傑アーモンドアイが人気に応えるのか?思わぬ結末が待っているのか?

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2020年11月1日のニュース