【中京新馬戦】クープドクール 叩き合い制す!高橋義師「センスがあるし、短いところが良さそう」

[ 2020年9月28日 05:30 ]

<中京4R>新馬戦を制したクープドクール(右)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中京4R新馬戦(芝1400メートル)は8番人気クープドクール(牝=高橋義、父エイシンヒカリ)が2番手追走からゴール前の激しい叩き合いをしのいで初陣Vを決めた。難波は「よく踏ん張ってくれた。ゲートを決めてすんなり行けたのも良かった。スピードがあって距離もこれぐらいが良さそうです」と今年の初勝利に笑顔がはじけた。高橋義師は「難波で勝てて良かった。センスがあるし、短いところが良さそう。今後は放牧に出して様子を見ます」と話した。 レース結果

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年9月28日のニュース