【中京1R】山本 引退レース9着も「25年間ジョッキーをやってこれて幸せ」

[ 2020年9月28日 05:30 ]

<中京1R・障害未勝利>このレースをもって引退する山本康は、騎手仲間に胴上げされる
Photo By スポニチ

 今月いっぱいで騎手を引退する山本康志(43=久保田)が27日の中京1Rでアーネストホープに騎乗、最後のレースは9着だった。「25年間、ジョッキーをやってこられたし、自分で道を選んで引退レースにも乗れたのは幸せなことです」と感無量の表情。レース後の検量室前には武豊らジョッキー仲間が集まり、記念撮影を行った。同じく障害を主戦場に活躍する蓑島から花束を渡され、最後は胴上げ。4回、宙を舞った。「長く続けていくのは大変なこと。みんなにも、ケガなく頑張ってほしいですね」と仲間にエール。通算2666戦132勝(うち障害89勝)、J・G1の11年中山大障害をマジェスティバイオで制した。来月から奥平厩舎で調教助手になる。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年9月28日のニュース