【菊花賞を占う】コントレイル1強揺るぎない 古馬のような風格漂う

[ 2020年9月28日 05:30 ]

 東西の菊花賞TRが終了。コントレイルの「1強」は揺るぎない。馬体重こそ増減なしで変化はなかったが、古馬のような風格が漂っていた。実は父ディープインパクトもダービー→神戸新聞杯は“増減なし”で448キロ。春と変わらなかったことが、父子無敗3冠の偉業へ最大の吉兆だ。折り合える操縦性の良さが強みで距離延長OK。他馬との勝負付けは済んでいる。神戸新聞杯2着のヴェルトライゼンデは対コントレイルは4戦全敗。毎回堅実だが、逆転となると厳しい。わずかに逆転の可能性があるとすれば、セントライト記念で重賞連覇を飾ったバビット。無欲の逃げが不気味。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月28日のニュース