【船橋・日本テレビ盃】注目馬ピックアップ編

[ 2020年9月28日 05:30 ]

今春のダイオライト記念を快勝したアナザートゥルース
Photo By スポニチ

 船橋競馬ハートビートナイターが28日から10月2日まで5日間行われる。開催メインは伝統の重賞「第67回日本テレビ盃」(G2、1800メートル)で30日ゲートイン。優勝馬には「第67回JBCクラシック」(G1、11月3日、大井2000メートル)への優先出走権が与えられる「Road to JBC」。29日には電話インターネット投票「SPAT4」などで前日発売が実施される。注目馬をピックアップした。

 昨年まで9年連続で勝っているJRA勢の優位は今年も動きそうにない。関東馬アナザートゥルース(セン6=高木)は今年春のG2ダイオライト記念で船橋初登場。ルメールを背に逃げて後続に2馬身差の完勝を決めた。19年4月のアンタレスSに続く重賞タイトル。その後は中央G3で惜敗続きだが、浦和記念2着や川崎記念5着の実績もあり、有力馬の1頭になることは間違いない。

 「現状では左回りの方が良さそう。右回りはどうしても3~4角でモサモサしてしまう。前走のエルムSは(メンバーで唯一の)58キロを背負って3着なら頑張っている」と高木師。同厩舎でG13勝を挙げたサウンドトゥルー(現在は船橋所属)の弟。偉大な兄は15年の日本テレビ盃で重賞初Vを飾った。兄弟制覇なるか注目だ。

 美浦からはデルマルーヴル(牡4=戸田)も参戦。19年G1ジャパンダートダービー(JDD)以来2度目の戸崎騎乗で臨む。今夏は盛岡G3マーキュリーCでマスターフェンサーから0秒2差の2着。斎藤助手は「前走は勝ち馬にうまく乗られたが、この馬自身はいい競馬をしていた。環境変化への対応力が高く、どんな競馬場でも結果を出してくれる。強いメンバー相手にも善戦しているので勝ってもおかしくないと思う」と期待を寄せた。

 そして栗東から今年のJDD馬ダノンファラオ(牡3=矢作)が遠征。昨年はクリソベリルがJDDから直行で古馬を撃破した。「体調はいい。ここを勝たないとJBCクラシックには出られないでしょうし、何とかしたい一戦」と久保助手。

 今年に入って5戦4勝のロードブレス(牡4=奥村豊)はリステッド競走BSN賞を制しての重賞初挑戦。侮れない存在だ。地方勢では前走マイルグランプリで復活Vを果たした19年羽田盃馬ミューチャリー(牡4=船橋・矢野)が筆頭か。(特別取材班)

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年9月28日のニュース