【神戸新聞杯】ヴェルトライゼンデ 大外から猛追2着「次が楽しみになった」

[ 2020年9月28日 05:30 ]

<神戸新聞杯>2着のヴェルトライゼンデ(左端)、3着にはロバートソンキー(右から2頭目)が入った(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ダービー3着馬ヴェルトライゼンデが大外猛追の2着で力を示した。大外枠が災いして、道中は距離ロスが大。池添は「向正面でようやく内に入れられたので、その後はずっと我慢して…。直線で外に出すといい脚を使ったし、次が楽しみになりました」と満足顔で振り返った。骨折明け、しかも熱発で先週のセントライト記念を回避しての参戦。池江師は「このまま指をくわえて3冠を獲られるわけにいかないし、いろいろと策を練ります。可能性はゼロじゃないですからね」とキッパリ。11年に牡馬3冠を達成した“チーム・オルフェーヴル”が本番での逆転を狙う。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年9月28日のニュース