新潟競馬場「有観客」取りやめ 新型コロナ拡大で無観客に再変更

[ 2020年8月9日 05:30 ]

無観客の新潟競馬場
Photo By スポニチ

 JRAは8日、第3回新潟競馬(15日~9月6日)における競馬場へのファンの入場再開を取りやめたと発表した。7月30日に「新潟競馬場限定」での入場再開を発表していたが、全国規模で新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、再び無観客競馬に変更。JRA広報は「入場を再開すると発表した翌日(7月31日)には全国で1日1580人の感染者が出てその後も高水準で推移している。各自治体の長がさまざまなメッセージを出していることも踏まえて(有観客開催を)取りやめることにしました。ファンの皆さまには大変なご迷惑とご心配をおかけすることになり、申し訳ありません」とした。

 指定席の購入応募が始まっていた15、16日は、619の席数に対して8日午前11時時点で603、779人の申し込みがあった。すでに予約、購入された指定席についてはJRAホームページで返金についての案内が行われる。なお、第2回小倉競馬、第2回札幌競馬においても無観客競馬を継続。9月12日以降の競馬開催、および新たなパークウインズ、ウインズ、エクセル、JーPLACEの再開などは決定次第発表される予定。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年8月9日のニュース