【多摩川・レディースC】桜本、同支部藤原の分まで走り抜く「スタートもしっかり行きたい」

[ 2020年8月9日 05:30 ]

同じ東京支部の藤原菜希のTシャツを着てポーズをとる桜本あゆみ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 5人が参戦中の地元・東京支部からは桜本が準優に駒を進めた。それも4日目8Rはカドから迫力満点のツケマイを放ち快勝。自身の予選ラストを白星で締めた。報道陣から向けられたフラッシュの嵐にも快く対応。

 長嶋万記が発案した藤原菜希(34=東京)Tシャツを着て笑顔を見せた。「足はバランスが取れている。あとは回転を合わせて乗りやすくするだけ。勝負どころなのでスタートもしっかり行きたい」。藤原は褒賞懲戒審議会に下された出場停止処分により今大会を欠場。同支部の仲間の分まで力強く走り抜く。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年8月9日のニュース