【サマーチャンピオン】ヒラソール佐賀で大物食いある!?

[ 2020年8月7日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・栗東=6日】お盆はステイホームで馬券ざんまいといこう。来週は交流重賞が3つ行われる地方競馬が熱い。10日の盛岡・クラスターCに出走するヒロシゲゴールド(牡5=北出)は坂路で追い切られ、4F53秒5~1F12秒2をマーク。北出師は「手前も替えていたし、やるごとに良くなっています」。マテラスカイとの快速対決が楽しみ。

 小林が最も気になったのが12日の佐賀・サマーチャンピオンに出走するヒラソール(セン4=加用)。この中間は荻野極が付きっきりで稽古。水曜にCWコースでラスト1F12秒5を計時。

 「ラストの動きが目立つようになってきた。レースを使うごとに馬が成長してくれて、それが馬体にも出てくるようになりました」

 前走は6番枠が気がかりだったが、インでうまく立ち回り、直線しぶとく脚を伸ばして3着。「もまれて強いわけではないので、好位のインで付いていけたのは良かった。今回も楽しみはあります」。外枠カモン!打倒コパノキッキングは、この馬だ。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年8月7日のニュース