【新潟新馬戦】コンソレーション、芝の切れ味期待 手塚師「追うごとに動きも良くなってきた」

[ 2020年8月7日 05:30 ]

 新潟土曜5R(芝1600メートル)ではコンソレーション(牡=手塚、父モーリス)の動きがいい。水曜5日はWコースで5F66秒9~1F11秒9(馬なり)で余力十分に併入。ラストの伸び脚は光った。

 手塚師は「兄&姉はダートで走っているけど、この馬は芝タイプ。かなり切れる脚がありそう。追うごとに動きも良くなってきている」と手応え十分だ。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2020年8月7日のニュース