「いつか英国で…」武藤の向上心と成長

[ 2020年8月7日 05:30 ]

2年前、武藤雅騎手が訪ねた英国ニューベリーのJ・ホートン女性調教師(撮影・平松さとし)
Photo By スポニチ

 【競馬人生劇場・平松さとし】ちょうど2年前の今の時期の話だ。私は英国、アイルランド、フランスといったヨーロッパ各国を取材しながら巡っていた。そんな中、英国を一緒に回ったのが武藤雅騎手だった。

 当時デビュー2年目でまだ20歳だった彼は左手首を骨折。レースには騎乗できない状態だった。そんな彼からの電話で「取材に同行させていただけませんか?」と頼まれた。やる気のある若者が“転んでもただでは起きない”という姿勢を見せているのに断る理由は何もない。そんな流れで英国での時間を一緒に過ごすことになったのだ。

 先乗りしていた私が彼と落ち合ったのは8月8日。ロンドン・ヒースロー空港まで迎えに行き、彼を拾うとそのまま車で約1時間半かけてニューベリーという小さな街へ移動した。

 そして翌朝早く、この地で開業する女性調教師のJ・ホートン厩舎を訪ねた。ここには直前にロイヤルアスコット開催のクイーンアンS(G1)を制したアクシデンタルエージェントがいた。同馬や広大な調教場を見ながら、若い日本人ジョッキーは女性調教師に質問を繰り返した。最後はホートン調教師から「乗れるようになったらいつでも私の厩舎に来なさい」と言われ、笑顔で「ありがとうございます」と答えていた。

 その後、4時間ほどかけて競馬の聖地ニューマーケットへ移動。ここでは本場の調教を見学すると、さらに翌日にはアスコット競馬場へ移動。武豊騎手やJ・モレイラ騎手ら世界中から集った名騎手によるシャーガーCを観戦した。

 「今回は凄く刺激になりました。一日も早く復帰したいし、いつかは英国の競馬に乗ってみたいと思いました」

 武藤騎手は目を輝かせてそう語った。帰国して、約1カ月後の9月15日に彼は戦列に復帰。長期の戦線離脱があったにもかかわらずこの年は前年を上回る37勝。昨年はさらにそれ以上の39勝を挙げると、減量特典のなくなった今年も変わらぬペースで勝ち続けている。近い将来、海の向こうで乗れるよう、さらなる活躍を期待したい。(フリーライター)

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年8月7日のニュース