【多摩川・レディースC】桜本、地元勢初勝利 ここまでトップS連発「行き足が安定している」

[ 2020年8月7日 05:30 ]

2日目7Rでカドまくりを決めた桜本(左)は松本と談笑しながら引き揚げる
Photo By スポニチ

 2日目7Rで桜本がカドまくりを決め、地元勢初勝利を飾った。長畑友輔との結婚を機に群馬から東京に支部移籍。18年の桐生大会は不参戦で、新旧合わせて今回が初めての地元レディースチャンピオンだ。「地元はやはり気持ちが入ります」の言葉通り、ここまでの2戦は共にトップスタート。「夫から“フライングに気を付けて”と言われたので注意してます。でも行き足が安定しているから決めやすい」と笑った。3日目5、11Rもスリット攻勢を見せてくれそうだ。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年8月7日のニュース