【青葉賞】ミスターX ロールオブサンダー巻き返すチャンスあり!

[ 2020年5月2日 05:30 ]

 ダービートライアル・青葉賞(東京11R)はエピファネイア産駒ロールオブサンダーを本命に指名する。前走・京成杯は同型が多く、かつスカイグルーヴに早めに来られる展開で苦しくなった。内が荒れたタフな馬場もこたえた形だ。今の東京の内が伸び負けない馬場で、単騎逃げが見込める今回は巻き返すチャンスはある。

 フレグモーネ(傷腫れ)の影響で約4カ月ぶりとなるが、「間は空いたが乗り込み量は十分」(橋田師)と仕上がりに不安はない。「左回りは問題ない。道中リラックスして走れれば楽しみ」と指揮官。一にも二にも展開次第。持ち前のしぶとさで、父が2着に泣いたダービーへの切符をたぐり寄せる。(13)から(1)(3)(4)(10)(15)。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年5月2日のニュース