【天皇賞・春】(11)メイショウテンゲン 手応え十分「腹回りしっかりしてきた」

[ 2020年5月2日 05:30 ]

 メイショウテンゲンはCWコースから坂路へ。入念に体をほぐした。池添兼師は「使いつつ体が増えているし、腹回りがしっかりしてきた」と手応え十分。外めの7枠11番だが「後方からの馬なので気にしていない。長く脚を使えるので、それを上手に生かせれば」と意気込んだ。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月2日のニュース