【天皇賞・春】(10)メロディーレーン 追い切り後も順調「馬体は許容範囲」

[ 2020年5月2日 05:30 ]

 メロディーレーンは唯一の牝馬参戦。木曜の馬体重は346キロ。プラス4キロと発表された。森田師は「追い切り後も順調だし、馬体は許容範囲」と報告。舞台設定に関しては「2度の坂が課題になる。道中は縦長の展開で早めに動く形が理想」と注文を挙げた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月2日のニュース