【青葉賞】オーソリティ 差し切りVでダービー切符、重賞初勝利

[ 2020年5月2日 15:58 ]

<第27回青葉賞>レースを制したオーソリティ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ダービートライアル「第27回青葉賞」(G2、芝2400メートル)は2日、東京競馬場で行われ、ヒューイットソン騎乗の3番人気オーソリティ(牡3=木村、父オルフェーヴル)が差し切って優勝、重賞初勝利を飾った。勝ちタイムは2分23秒0。

 最後の直線で先行するフィロロッソを内からフィリオアレグロがかわし先頭に立ったところを外からオーソリティが鋭く差して快勝した。

 首差の2着にヴァルコス、さらに首差の3着にフィリオアレグロが入った。上位2着までが日本ダービー(31日、東京)の優先出走権を獲得した。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月2日のニュース