【青葉賞】AI予想 指数突出フライ大本命!ダービー出走権奪取へ“視界良好”

[ 2020年5月2日 05:30 ]

<青葉賞>AIが本命に予想したフライライクバード
Photo By スポニチ

 2着以内にダービーの優先出走権が与えられる東京11R・青葉賞は、1頭だけ飛び抜けた指数(85)を獲得した(15)フライライクバードが大本命となる。本番と同じ東京芝2400メートルは瞬発力を問われるコース。直前の2走を同じ距離で連勝しているのは大きな強みとなる。ダービーの出走権利奪取へ、視界は良好。

 2番手の○は指数73の(7)ヴァルコス。こちらも前走で阪神芝2400メートル戦を2馬身差V。ダンスインザダーク産駒は東京の2000メートル以上を得意にしている。これに続くのが▲(3)オーソリティ(指数71)。前走のディープインパクト記念弥生賞では3着止まりだったが、距離を400メートル延ばして勝負を懸ける。

 本日の厳選「ワイド1点勝負」は京都4R。◎の(8)シュルシャガナは“満点”の指数100をマーク。相手を○(5)エヒト(指数89)に絞ってドンと勝負だ。

≪青葉賞の指数≫
(1)フィリオアレグロ71点
(2)アラタ39点
(3)オーソリティ71点
(4)ブルーミングスカイ60点
(5)ディアマンミノル39点
(6)レアリザトゥール1点
(7)ヴァルコス73点
(8)アピテソーロ23点
(9)アイアンバローズ53点
(10)ダノンセレスタ71点
(11)フィロロッソ33点
(12)メイショウボサツ34点
(13)ロールオブサンダー58点
(14)サーストンカイドー47点
(15)フライライクバード85点
(16)プリマヴィスタ20点
(17)ディアスティマ71点
(18)コンドゥクシオン54点

 【SIVA(シヴァ)予想】◎(15)フライライクバード、○(7)ヴァルコス、▲(3)オーソリティ、☆(1)フィリオアレグロ、△(4)ブルーミングスカイ、(10)ダノンセレスタ、(17)ディアスティマ

 ◆SIVA(シヴァ) スポニチがGAUSS(ガウス)社と共同開発した競馬予測AI。PCウェブ版とスマホアプリ版があり、毎週末に新馬・障害を除く全レース予想を公開中。名称は競馬場の芝とヒンズー教で創造のための破壊をつかさどるシヴァ神に由来。過去のレースデータから算出する指数(100点満点)を基に予想する。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月2日のニュース