【中山新馬戦】プレシオーソ完勝 北村宏1万5000回騎乗飾った!

[ 2020年3月22日 05:30 ]

メイクデビュー中山を制したプレシオーソと(左から)清水久詞調教師、JRA通算15000回騎乗を達成した北村宏司 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 今年最後の3歳新馬戦となった土曜中山6R(ダート1800メートル)は2番人気のプレシオーソ(牡=清水久、父ブラックタイド)が2番手から抜け出した。後続を3馬身突き放す完勝ゴール。清水久師は「(先週除外になった分も)しっかり乗り込んできたが、ゲートも二の脚も申し分なかった。体は芝でもやれそうだが、身のこなしはダートだから」と語る。手綱を取った北村宏司(39)は現役12人目のJRA通算1万5000回騎乗を白星で飾った。「大きなケガもありましたが、復帰するたびに変わらない応援をいただき、たくさんの馬に乗せてもらえていることに感謝しています」とコメントした。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年3月22日のニュース