【スプリングS】ヒューイットソン騎乗ガロアクリークが重賞初V 皐月賞切符

[ 2020年3月22日 16:08 ]

<スプリングS>レースを制したガロアクリーク(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 皐月賞トライアル「第69回スプリングS」(G2、芝1800メートル)は22日、中山競馬場で行われ、L.ヒューイットソン騎乗の6番人気ガロアクリーク(牡3=上原、父キンシャサノキセキ)が優勝、重賞初勝利を飾った。勝ちタイムは1分49秒8。

 1馬身1/4差の2着に1番人気ヴェルトライゼンデ、さらに1馬身3/4差の3着に2番人気サクセッションが入った。3着馬までが皐月賞の優先出走権を獲得した。

 レースはアオイクレアトールが主導権を握り、シルバーエース、ファルコニアが追って最終コーナーへ。直線でガロアクリークが伸びると、外からサクセッションも鋭伸。最後はガロアクリークが横に広がっての追い比べを制した。

続きを表示

この記事のフォト

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年3月22日のニュース