【阪急杯】ライラック重賞初Vだ!藤沢和師「千四がベスト」

[ 2020年2月26日 05:30 ]

 阪神メインの「第64回阪急杯」(3月1日、阪神)に関東から3連勝を懸けて挑むのがライラックカラー。東京の奥多摩S→中山カーバンクルSを連勝し一気のオープン制覇。勢いに乗って重賞初制覇を目指す。「前走は不向きな中山で急仕上げ。しかも千二の忙しい流れだったが強い競馬を見せてくれた」と藤沢和師。出走プランのあった東京新聞杯をパスして目標をここへ。愛弟子の木幡育を再起用する。「千四がベスト。育也も東京(奥多摩S)で上手に乗っていた。勢いを感じるし、ここでも楽しみ」と師。人馬共に初タイトルを見据えての遠征だ。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年2月26日のニュース