新型コロナ問題、状況注視し対応 ファンサービスも当面の間休止

[ 2020年2月26日 05:30 ]

 新型コロナウイルス問題を受け、JRAは状況を引き続き注視して対応にあたっている。JRAでは予防対策として先週22日の競馬からウイナーズサークルなどでの騎手によるサインや握手、誘導馬のお出迎えなどを当面の間休止。入場時にはエントランス付近に設置しているアルコール消毒薬の利用をJRAホームページでも告知している。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月26日のニュース